Toy child – Listen to my voice

プロローグ

 カインは革張りの椅子に座ってかすかに笑みを浮かべるトウのふっくらした赤い唇にちらりと目を向け、ペンを弄んでいる彼女の長い指に視線を移した。
唇の赤い色に負けないほど真っ赤に彩られた指先。
いつ見ても艶やかで、真っ白い指の先に見事なまでのしずくを形づくっている。
この赤い爪にはいったいどれだけの時間がかけられているのだろう。
かすかに自分の隣に立っていたアシュアが身じろぎするのが分かった。
「自分のパスワードくらい覚えているわよね?」
デスクの上に置かれた小さなディスクを指先でついっと押し出しながら言うトウの声は優しく物静かだ。
彼女がこんなふうに優しい声を出すときは決まって厄介なことに違いない。
「たいした情報が入っているわけでもないけど、何にも知らないよりは」
微笑みながら自分の前に立つカインとアシュアを交互に見る。
 カインはその表情から目をそらせると自分を落ち着かせるように小さく息を吸い込み、そして吐いた。
次の呼吸でかけていたメガネを指先で眉間を押さえ、意を決してトウの顔を真正面から見据えた。
「中央塔の『ライン』だときちんとした管理下にあるでしょう。何もぼくらが行かなくても……」
言い終わる前にトウの持っていたペンが飛んだ。
それはカインのメガネをはね飛ばし、彼は思わず後ろによろめいて額を押さえた。
横に立っていたアシュアは直立不動の姿勢のまま目だけをカインに向ける。
怯えというよりは嫌悪感が浮かんだ視線が額に垂れかかった赤い前髪の奥に隠れてトウに見えなかったのは幸いだった。
「『ライン』だから、でしょ」
変わらず笑みを湛えてはいるが彼女の声には怒気が含まれている。
「…………」
カインは黙って身をかがめ、メガネを拾ってかけなおした。そばに落ちていたペンは無視した。
「いまどきメガネなんて」
嘲笑うようにトウは呟く。
「これが気に入っているからいいんです」
カインは仏頂面で答えた。
「ペンをぶつけられたくらいじゃ割れませんから」
―― もうやめとけ ――
アシュアが心の中でそう言っていることはカインにはよくわかっていた。彼はきっとこう言いたいのだ。
『次は目ン玉にペンが突き刺さるぞ』
構うもんか、とカインは思う。やれるものならやってみろ。困るのは彼女のほうだ。
トウはうっとうしそうにカインを睨んだあと、デスクの上のキーボードを指で押した。
「『ライン』に行くなんて契約違反なのよね、ほんとは」
彼女は立ち上がってデスクを回り、ふたりの背後に向かった。モニターが天井からおりてきて画像を写し出す気配が感じられる。
振り向くのをやめたいと思いつつ、ふたりは口を引き結んだまま緩慢な動作で振り返った。
「これが彼の映像。数年前のものだから今はもう少し背が伸びているかもしれないわ」
モニターには子供たちが走り回る姿が映っていた。奥のほうの白い建物はきっと校舎だろう。どこにでもあるジュニア・スクールの光景だ。
砂埃のあがらない赤い床材を敷き詰められたグラウンド。早く育つよう必死の努力で植えられた貧相な常緑樹。小さなベンチ。
子供たちは思い思いに遊びに興じている。休み時間なのかもしれない。
モニターに映った映像はやがて子供たちの間を抜け、しだいにひとりの少年に向けてズームアップしていった。しかし少年は背を向けていて金色の髪と細みの体しか分からない。
たかがこんな子供ひとりを写すためになぜこんな撮影をしたのだろう。
「あなたたちは一応『ライン』の訓練生として所属するけれど、所長には含みをしているから『彼』と離れないようにカリキュラムを組むと思うわ」
腕組みをして画面を見つめるトウの指が二の腕でピアノを弾くように動いている。
彼の上半身が画面一杯になったとき、やっと彼が振り向いた。
その顔を見たとたん、隣のアシュアがかすかに息を飲むのがカインには分かった。
「ケイナ・カート、17歳。頼むわよ。大事な体なんだから」
トウは言った。
「こりゃあ……」
アシュアが小さな声でつぶやくのをカインは聞いた。
分かってる。アシュアが言いたいことは分かってる。
トウの言うことは、やっぱり「厄介事」だった。
ぞっとした。こんな恐ろしい目の人間がいるなんて……。
まだ微かにあどけなさの残る青い目は瞬時にカメラの気配を捉えていた。
きっと羽虫ほどの小さなカメラ。
よほど気配に敏感でも振り返ってすぐにそれを目が捉えることなど不可能に近い。
それを青い目の少年はやってのけていた。
そしてその時にはまだカインもアシュアも、よもやこの少年との出会いが自分のこれからの人生を変えることになろうとは想像もできなかったのだった。

次の投稿
01-1 緑の少年