18-05 水の青-エピローグ

 『ケイナ』はカートの家に引き取られた。 ユージーは養子にはしなかった。サナと結婚させたいという思惑があったのかもしれない。 だがその思惑は外れて、サナはカインの息子アキラと結婚した。サナは昔からアキラのことが好きだった …

18-04 水の青-エピローグ

「お願いがあるの」 ブランはちらりとダイを振り向いた。ダイはそれを見てうなずいてみせた。 「わたしたち、あと80年しないうちに全員いなくなるの」 カインは彼女の顔を無言で見つめた。 「この子を……」 ブランは『ケイナ』に …

18-03 水の青-エピローグ

 ダム湖が見えてきてカインはプラニカを砂浜に下ろした。ユージーのプラニカは既に着いていて、サナが砂浜に足跡をつけて遊んでいた。 ユイが彼女の姿を見つけて走り寄った。ふたりとも同じジュニア・スクールだったので仲がいい。サナ …

18-02 水の青-エピローグ

 20年の月日は瞬く間に過ぎた。 「寒いかしら」 窓の外から空を見上げながらティがつぶやいた。 3年前にドームの一部が解除されてから気温の変化が大きくなった。 「そろそろ行くよ」 カインが言ったので彼女は上着をとりあげた …

18-01 水の青-エピローグ

 『ノマド』の出生率は高いものではなかった。 80年で増えた人口は6000人ほどだっただろう。そのうち、5年以内に寿命が尽きる者は約3割。アライドには『A・Jオフィス』を中心にして、50名ほどの『ノマド』と『アライド』と …