05-6 Side by side

「ぶっ殺されてえか」スキンヘッドの少年が目だけをぎろりとケイナに向けて言った。片腕は床に仰向けになっている赤毛の少年の肩を掴んだままだ。「やれるもんならやれよ。おれやアシュアを刺すよりもおまえの耳を吹っ飛ばすほうが早いぜ …

05-5 Side by side

 翌日からケイナの言ったとおり、初日のフリータイムが天国だったと思えるような日々が始まった。 起床は5時。6時までに朝食を終え、午前中一杯は講議、午後はトレーニング、夜は講議のまとめ、 就寝はいつも日付けが変わった。前日 …

05-4 Side by side

 部屋の中は思ったより広かった。セレスのアパートのリビングの4つ分くらいはありそうだ。床にはブルーのじゅうたんが敷き詰められ、 同じブルーのパーティションで部屋のまん中に通路をとり、両側がふたつずつに区切られている。天井 …

05-3 Side by side

 「中央塔」へ行く日、アルは前と同じようにセレスをエアバイクで迎えに行った。 さすがにこの日セレスはきちんと起きてアルを待っていた。「このアパート、しばらく誰もいなくなっちゃうね」部屋のドアを閉めるセレスにアルは言った。 …

05-2 Side by side

 2ヶ月後、セレスはなんとかギリギリの成績でひっかかってラインに合格した。授業中居眠りばかりしているセレスに学科の試験の手ほどきをしたのはもちろんアルだ。運動能力の試験はほうっておいても大丈夫だったが、 学科試験だけはセ …

05-1 Side by side

「ばかなことを言わないで!」叔母のフェイはハルドの言葉を聞いて怒りで顔を赤くした。「セレスは昔っからあんまり体が丈夫じゃなかったわ。おまえと違って体も小さいし無茶させないで。  ……そういうこと、挑発しないで!」最後のほ …